ガトー・ファヴォリのお菓子 - マドレーヌ

DSC_2253_convert_20110216201856.jpg

日本でもおなじみのマドレーヌは、人気のある焼き菓子のひとつです。
マドレーヌの誕生については、いくつかの説がありますが、一番ポピュラーなものをご紹介しましょう。

18世紀に今のフランスのロレーヌ地方を治めていたのが、元ポーランドの王様だったスタニスラス・
レクチンスキー公です。そのスタニスラス公がロレーヌ地方のコメルシーという町で、お客様を招いて
パーティを開いていたとき、デザートを担当していたお菓子職人が、けんかをして途中でやめて帰って
しまったのです。そこで仕方なくメイドに即興でお菓子を作らせたところ、その黄金色のふっくらと
した軽い味わいのケーキが、とても好評だったのです。
そのケーキが大変気に入ったスタニスラス公は、メイドの名前からマドレーヌと名付け、ルイ15世の
お妃となっていた娘のマリー妃にも送ったとされています。

マドレーヌはシンプルなお菓子ですが、オレンジの香りとバターの風味がマッチして食べ飽きないおいしさです。

150円/1個

原材料
バター、有機薄力粉、卵、はちみつ、オレンジ表皮、ベーキング・パウダー(アルミニウム・フリー)


ご注文はこちらへ 
 http://gateauxfavoris.cart.fc2.com/








スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)