日本のバレンタイン・デー♥

日本でも、いまやすっかりバレンタインデーの習慣が定着していますが、
女性が男性に親愛の情を込めてチョコレートを贈るという「日本式バレンタインデー」が
誕生したのは1970年代後半でした。

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史の起源については、
1936年の神戸モロゾフ製菓説
1958年のメリーチョコレート説
1960年の森永製菓説
1965年の伊勢丹説
1968年のソニープラザ説
などがあるようですが、判然としていません。

神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説は、1936年2月12日に、同社が東京で発行されて
いた英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に広告を掲載していたというもの。
「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの
広告でした。

メリーチョコレートカムパニー説は、同社が1958年2月に伊勢丹新宿本店で「バレンタイン
セール」というキャンペーンを行ったことを重視するものです。

また森永製菓が1960年より「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出し、
さらに伊勢丹が1965年にバレンタインデー・フェアを開催し、これがバレンタインデー
普及のきっかけとなったとする説があるようです。

ソニー創業者の盛田昭夫氏は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店ソニープラザが
チョコレートを贈ることを流行させようと試みたことで、「日本のバレンタインデーは
うちが作った」としているらしいデス。

ただいずれにしても、すぐに大きな反響があったわけではなく、商品もあまり売れなかった
ようです。




ご注文はこちらへ  http://gateauxfavoris.cart.fc2.com/


↓ランキングに参加しています。Click! ↓


↓ランキングに参加しています。Click! ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 焼き菓子へ
にほんブログ村

↓ランキングに参加しています。Click! ↓
blogram投票ボタン



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。