お正月のお菓子、ガレット・デロワ♪

ガレット・デロワはベツレヘムを訪れた東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出された
エピファニー(公現祭)の日、1月6日に食べるというフランスの伝統菓子です。
よく”王様のお菓子”と訳されますが、この場合のRois(ロワ)は王様ではなく、東方の三賢人を指すと
いう説もあります。

フランス北部はパイ生地とアーモンドクリームのガレット、南部はオレンジフラワーウォーターでブリオッシュ
生地に風味をつけ、ドライフルーツやオレンジを飾ったリング状のものを食べるそうですが、最近ではガレットが
主流になりつつあるようです。


■ガレットデロワの楽しみ
ガレットデロワの楽しみは、何と言ってもフェーブ(もとは空豆の意味)が仕込まれていることです。
もともと乾燥した豆を使っていたのでそう呼ばれていますが、今では陶器製のかわいい人形が使われています。

切り分けたガレットデロワの中からこのフェーブが出てきた人は、王様(女王様)になれるのです。
ガレット・デロワに王冠がつきものなのはそのため。王様(女王様)になった人は王冠をかぶってその日一日
みんなから祝福されます。家族や友達と集まって一年のはじまりにフェーブをめぐって大騒ぎ。
フランスではこれを食べないと一年が始まらないとまで言われるほどです。




ご注文はこちらへ  http://gateauxfavoris.cart.fc2.com/


↓ランキングに参加しています。Click! ↓


↓ランキングに参加しています。Click! ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 焼き菓子へ
にほんブログ村

↓ランキングに参加しています。Click! ↓
blogram投票ボタン



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。